お金 貸してくれる所

大手消費者金融で借りれない条件とは?

気軽にカードローンがほしいのなら大手消費者金融


2社目の申し込みであったとしても、条件が揃っていれば問題ありません。

ブラックリストではないこと
ブラックリストにもさまざまな原因がありますが、延滞、多重債務など、返済に対して何か不都合なことがあればブラックリストになります。
審査は、個人信用情報機関の内容を確認します。
延滞はすぐにバレますし、他社借入れの多重債務情報も分かってしまいます。
延滞と滞納に関しては、金融庁に届け出をしている正規金融業氏すべての審査に通りません。

大手消費者金融でも2社程度は良いのですが、借入れ金額が高いと審査に通りません。
消費者金融では、総量規制といって年収3分の一が最大融資額と限度額が決まっています。
その範囲内でなければ借入れが自由にできません。
多重債務の時には、その限度額も大きな要因になります。

収入があること
銀行カードローン審査では専業主婦もOKです。
しかし、消費者金融では貸金業法の関係から、無収入や無職は審査落ちです。
大手消費者金融では、年金生活者や生活保護者なども審査対象外です。
年齢も60代が上限となっていて、申込対象にならない方は、申込すらできない状態です。

ママ友たちの中で、消費者金融カードローンを持っている方もいる。
働いているかもしれないけれど、パートだよ、というのはOKです。
大手消費者金融では、収入の高さよりも一定収入が問題です。
少ない収入であれば、借入可能額が低くなる、それだけのことです。

債務整理後の扱い
債務整理後の大手消費者金融の借入れは、債務整理から何年経っているかが問題です。
10年以上経っていれば問題はないです。
自己破産など債務整理をしたら、ブラックリストになりますが、10年間借金なしであれば、ブラックリストはなくなっています。

一応、大手消費者金融の審査を受けられ、年齢や収入が問題になるだけです。
だいたい5年程度から、ブラックリスト解禁になるといいますが、正確な年数はわかりません。
その都度確認しなければならないのですが、申し込んでダメならまだ待とうという感じでしょう。

申し込みブラックにならない
ブラックリストの中でも、申し込みブラックは、何回も申し込みと審査落ちを繰り返すことを言います、
消費者金融の最初の簡易診断ではなく、住所氏名などを明記した申込の場合、全て個人信用情報機関に記録されます。
ある大手消費者金融では、申込は2回までとあります。
間違って入力も含めての内容ですが、短期間であちこちの大手消費者金融の申し込みをした方は申し込みブラックとして、審査落ちになります。
一番陥りブラックリストで、その期間は約半年間です。

目的ローンが多すぎ
年収に対して、住宅ローンや不動産担保ローンなどのローンが多くても大手消費者金融には通りません。
これらのローンは総量規制対象外ですが、一応審査されます。
返済能力を見る上で、毎月の返済額が多いと判断されたとしたら、簡単キャッシング、
大手キャッシング業者ではできません。

大手消費者金融で借りれない条件とは?関連ページ

誰でも借りれる?中小消費者金融
誰でも借りれる?中小消費者金融。中小消費者金融や街金は、中堅クラスの消費者金融です。金融業界では、あまり宣伝もしていない規模が小さな金融会社や金融業者ですが、ホームページがあったり、新聞広告などで宣伝はしています
スピート審査に即日融資 それができる人
ブラックリストの借入先は中小消費者金融
ブラックリストの借入先は中小消費者金融。2社目以降のの借入先として、自分はブラックだと認識している方。そんな方は、最初から審査の甘い中小消費者金融に行くことをおすすめします。大手消費者金融ではなく、銀行カードローンでもない、あまり名前を知られていない中小消費者金融、中堅くらいの消費者金融です