お金を貸してくれない

審査の甘い中小消費者金融もお金貸してくれない

審査の甘い中小消費者金融の正しい利用の仕方?


消費者金融での審査落ち後の銀行カードローン審査は無駄です。
なぜなら、審査基準が銀行系キャッシングの方が厳しいからです。

貸金業法と銀行法
貸金業法は消費者金融の法律ですが、総量規制があり、収入なきものは借入ができません。
銀行法は、総量規制もナシ、専業主婦も借入ができるなど柔軟審査っぽいですが、多重債務者や収入が低い方に厳しいです。

そして、一度審査通過になるとワイドな限度額が魅力でしたが、最近では限度額も下がっています。
それでもステイタス的には、銀行カードローンが上です。

利息も低い事から、大手消費者金融よりも良いキャッシングの位置づけです。
ですから、消費者金融で借りれない方が銀行カードローン審査に申し込みをしたとしても審査通過はできないでしょう。

中小消費者金融の審査は甘い
大手消費者金融審査落ちで中小消費者金融や街金に行くのは一般的な動きです。
貸金業法の中小消費者金融では、総量規制範囲内であれば、基本的に大手のブラックには対応、キャッシングができたとの口コミも多いです。
ただし、法律事務所などでは、借金相談で大手消費者金融の審査落ち後は、債務整理をすることをおすすめしています。
借金相談の専門家によると、中小消費者金融での完済ができる人が少ないというのです。

債務整理の必要性

中小消費者金融の存在意義として、大手で借りられない人のためのものではありません。 特に、多重債務者でギリギリの総量規制範囲内も中小消費者金融で借りたい人がいます。
返済能力の審査はありますが、それがうまく行かずにすぐに返済不能になってしまうが多いと言います。

債務整理者の中小消費者金融の利用については、自己破産者なら返済がなく、小口融資では返済も楽です。
多重債務者よりも債務整理者の完済率が高いと言います。

中小消費者金融では、そのようなことも理解していますから、多重債務者の審査は難しい場合があると言います。
ですから、大手消費者金融審査落ちでひとまず債務整理をすることで、生活の立て直し。
その後数年で、借金をするのなら中小消費者金融の利用が良いということです。

ブラックになりたくない
債務整理を躊躇する方でブラックになるのを恐れている方も多いです。
個人信用情報機関の内容で、ブラックになると借りれないと言われていますが、それは銀行カードローンと大手消費者金融であり、中小消費者金融では数年で審査は通ります。
多重債務者で返済が大変なら、さっさと自分からブラックの債務整理をしてしまおうということです。

10年間ほど借金生活から離れたのなら、再び銀行カードローン審査も大手消費者金融審査も通ります。
あのまま多重債務者で中小消費者金融でも借りてから債務整理をするよりもずっと早く、負担も小さくて済みます。
自己破産については、一部の職業を除いて普段の生活で何ら影響はないのです。
中小消費者金融に借りに行くタイミング、考えてみて下さい。
大手消費者金融でお金を貸してくれないときではなく、債務整理後が有効かもしれません。

審査の甘い中小消費者金融もお金貸してくれない関連ページ

お金を貸してくれない理由
お金を貸してくれない理由。信用力が下げるとキャッシングは無理。信用力がないとお金は貸してくれません。消費者金融や銀行カードローンに申し込みをした時に、申し込み情報と個人信用情報で、借入状況を確認します。各金融業者の審査基準に合うかどうかを見ますが、この時に必要なのが信用力です
ソフト闇金の正当性の口コミをどう見る?
ソフト闇金の正当性の口コミをどう見る?お金が無くてもヤミ金は絶対ダメ。消費者金融での審査落ちのあと、必要なお金の調達手段として、ヤミ金に行く方もいます。ヤミ金は怖いからソフト闇金にいったほうが良い、個人間融資が良いという口コミもありますが、いずれも正規金融業者ではないです
まとめローン お金を貸してくれない
まとめローン お金を貸してくれない。まとめローンなんて簡単じゃないよ。給料日にはあちこちの返済で大変。友人や家族にも借りがあるんだ。現在、多重債務者でまとめローンにしたい方も多いことでしょう。まとめローンって何?という方もいます
どうしてもお金を貸して下さい
どうしてもお金が借りたい。だけど友人に頼んでもだめだったし家族にも聞き入れてもらえなかった・・・。多少リスクがあってもいいから大手以外でお金を借りたいと考えている