お金を貸してくれない

お金を貸してくれない理由

信用力が下げるとキャッシングは無理


信用力がないとお金は貸してくれません。
消費者金融や銀行カードローンに申し込みをした時に、申し込み情報と個人信用情報で、借入状況を確認します。
各金融業者の審査基準に合うかどうかを見ますが、この時に必要なのが信用力です。

信用情報データベースを見る
個人信用情報は、データ化されています。
コンピュータースコアリングシステムで、大方の内容確認をするのが最初に行う審査です。
銀行系キャッシング、大手消費者金融では、ここでそれぞれ基準をクリアしていれば審査通過、申し込み情報にある勤務先に在籍確認をして、キャッシングができます。

データベースの中で、金融事故があれば、その場で審査落ちです。
例えば、任意整理や自己破産などの債務整理者、審査基準以上の多重債務者、延滞者などです。
すべて信用に関わることで、コンピューターでさっさと弾かれます。

中小消費者金融のブラック対応
中小消費者金融の審査では、大手消費者金融で弾かれる金融事故を確認します。
多重債務者でも2社までは良い、債務整理も自己破産であったとしても1年以上経過していると良いなどの審査基準が甘いです。

信用力で言えば、延滞者でなければ、一応ブラック対応の審査はしてくれます。
ただし、絶対に貸してくれるという保障はゼロであり、ここからが中小消費者金融の審査の甘さが出ます。

審査基準が甘いといっても

どこまで甘いかは公表していないのが中小消費者金融の審査の甘さです。 ただ、口コミ情報などで言われていることは、最後の信用力として、返済能力の高さがある、というのです。

これは、4社の多重債務者だとしても、それをすべて弁済できるだけの収入があるということです。
不動産でも、貯金でもなんでも良いですから、毎月の返済日に確実に返せるという証明ができることが、返済能力の高さと言えるでしょう。

それがあれば、多少の金融事故があったとしても、審査に通ります。
ですから、中小消費者金融の審査は1つの規定ではなく、人に合わせて臨機応変になると行っても良いでしょう。

ですから、ある口コミでは、中小消費者金融で5社でも借入ができる、3社なのに審査落ちという方がいます。
債務整理後の方も1年で借りられたとか、自己破産だからダメ、そうではない方などいろいろ情報が錯綜しています。
これは返済能力が関係していると考えれば、金融事故が問題ではなく、返済額が収入にどれだけ影響するか、負担率も問題です。

月の収入が50万円あって、返済額が10万円ですと生活にも影響はありません。
しかし、20万円の収入の方が返済額10万円となれば信用力がないということになります。
中小消費者金融の審査の決め手は返済能力ということです。

債務整理などをしたあと、働いて収入を上げれば、中小消費者金融の審査は楽々ということです。
返済能力や収入が高いということは、中小消費者金融の柔軟審査に通りやすいということです。

お金を貸してくれない理由関連ページ

ソフト闇金の正当性の口コミをどう見る?
ソフト闇金の正当性の口コミをどう見る?お金が無くてもヤミ金は絶対ダメ。消費者金融での審査落ちのあと、必要なお金の調達手段として、ヤミ金に行く方もいます。ヤミ金は怖いからソフト闇金にいったほうが良い、個人間融資が良いという口コミもありますが、いずれも正規金融業者ではないです
審査の甘い中小消費者金融もお金貸してくれない
審査の甘い中小消費者金融もお金貸してくれない。審査の甘い中小消費者金融の正しい利用の仕方?消費者金融での審査落ち後の銀行カードローン審査は無駄です。なぜなら、審査基準が銀行系キャッシングの方が厳しいからです
まとめローン お金を貸してくれない
まとめローン お金を貸してくれない。まとめローンなんて簡単じゃないよ。給料日にはあちこちの返済で大変。友人や家族にも借りがあるんだ。現在、多重債務者でまとめローンにしたい方も多いことでしょう。まとめローンって何?という方もいます
どうしてもお金を貸して下さい
どうしてもお金が借りたい。だけど友人に頼んでもだめだったし家族にも聞き入れてもらえなかった・・・。多少リスクがあってもいいから大手以外でお金を借りたいと考えている