お金を貸してほしい 金銭消費貸借契約書 借用書

お金を貸してほしいときの金銭消費貸借契約書と借用書

お金を貸してほしいとき、知り合いや家族などに相談してもし貸してもいいといってくれたら、借用書を作成することで安心してもらうことができます。

借用書と一般的にいわれているものは、大きく金銭消費貸借契約書と借用書の2種類に分けられます。

 

作成する書面の枚数が借用書は1枚ですが、金銭消費貸借契約書は2枚必要です。
裁判における効力は両方同じですから、ご都合がいい方を自由に選択できます。
それぞれ、どのような特徴を持っているのでしょう。

 

金銭消費貸借契約書は借り主と貸し主のどちらも署名を行い、完成したら1枚ずつ保管します。
借用書は1枚のみによって借り主によって作成され、貸し主がそれを補完します。
金銭消費貸借契約書を選ぶと、紛失してしまったとしてももう一方の人が同じものを所有していますから、最初の取り決めがうやむやになってしまう心配がありません。

 

借用書を作成すれば、言った言わないの言い争いを回避することができます。
金銭消費貸借契約書は2部作製しなければなりませんが、借用書なら1部でOKです。
借用書も金銭消費貸借契約書も収入印紙を1部につき1通分用意しなければなりませんが、1枚でいいのでその分の費用も抑えられます。
作るのは借り主のみですので、お忙しい貸し主の方の手をわずらわせずにすみます。

このように便利な借用書ですが、マイナス要素が全くないわけではありません。
借り主のみが作成に当たることから、貸し主がしっかりチェックして了承しないと、貸し主にとって不都合な契約内容になってしまっている危険性があります。
1部しかない借用書なのに、貸し主一人がうっかりなくしてしまったら、内容の確認ができなくなってしまいます。

 

金銭消費貸借契約書を選んで作成した場合、両者が保管していますから、食い違い防止に役立ちトラブル対策に効果的です。
もし一方がなくしてしまっても、もう一方の人が持っていますから安心です。
作成するときに両者が参加していますから、納得のいかない契約を押し付けられることもありません。

 

マイナス要素としては、納得のいく内容に達するまで時間がかかってしまう可能性があります。
収入印紙を2部分購入しなければなりませんので、お金がかかります。

 

金銭消費貸借契約書と借用書をわざわざ作るのは、手間がかかって面倒に思われるかもしれません。
しかし、お金のことは信用問題に発展しかねない重要なことですので、作成しておくことをお勧めします。

 

返済期日などの記憶があいまいになってしまったときに、金銭消費貸借契約書や借用書を見れば確かな内容を確認することができます。
返済を守ることができず裁判に発展する事態になったとしても、提出できる証拠しての効力があります。
もちろん裁判沙汰にならないようきちんと返済してければいいのですが、気を付けていても急に別のまとまった出費がないとも限りません。
無駄に終わることが一番理想的だと考え、金銭消費貸借契約書や借用書の備えをしておきましょう。

お金を貸してほしいときの金銭消費貸借契約書と借用書関連ページ

お金を貸してほしいときの金銭消費貸借契約書作成のポイント
誰か身近な人からお金を貸してほしいという場合、金銭消費貸借契約書を作成しておけば相手の方に安心して貸し付けしていただけます。ひな形があるというわけではないのですが、基本的な金銭消費貸借契約書では主に6つのポイントを押さえておくといいようです。
お金を貸してほしいときの公正証書とは
友人などにお金を貸してほしいとき、あまり格式ばった方法でなく、なおかつ効力を持った借用書としはて金銭消費貸借契約書があることをご紹介しました。公正証書は公証人と呼ばれる法の専門家に介入してもらい、法的に作られる公文書のことです。
お金を貸してほしいとき公正証書の作り方
お金を貸してほしいときに作っておきたい公正証書は、全国各地にある公正役場で作成することができます。それぞれの公正役場で多少作り方が異なるかもしれませんが、一般的な方法をご紹介します。