お金貸してほしい

お金貸してほしい




お金を貸してほしいときに人間関係を大切するコツ

生活費などのお金に余裕がなくなってどうしても貸してほしいとき、どのような解決策があるでしょう。
最もメジャーな対処法としては、銀行カードローンや消費者金融キャッシングなどを利用する方法です。
基本的には仕事をしていて一定以上の安定した収入を得ていれば融資を受けることができますが、場合によっては何らかの理由により、新規で融資が受けられない事情を抱えていることもあります。

親や恋人などの自分にとって身近な関係性の相手にお金で困っていると話をすると、余計な心配をかけてしまいそうであまり気持ちがいいものではありません。
男性と女性にかかわらず友人関係の人に相談するのも、借金しなければいけない事態に対してお説教じみた意見を言われそうです。
金額の大きさによってはトラブルに発展し、信頼関係に影響が出てしまう可能性も考えられます。

でも、どうしてもお金を貸してほしいという切実な状況になったら、どのような方法を用いれば友達関係を大切にしながら力を貸してもらうことができるでしょう。
まずは、借用書を作成して借金額や返済日、利息などといった詳細について、具体的な内容を書面に残すことです。
借用書というと堅苦しいものを連想されるかもしれませんが、弁護士さんなどの事務系専門職のプロに連絡をし介入してもらわなくても、インターネットで見本を見ながら作成することができます。

言葉だけの口約束でいつまでに返済すると伝えるより、借用書という形で残せた方が人間関係をいい状態に保てます。
家族や親戚が相手の場合もしっかり借用書を作成しておいた方がいいですし、知り合いの中でも例えば片思い中の相手ともなればなおさらです。

借用書で明記しておきたい項目は、借り主・貸し主・借り入れをした日程・貸し付けした金額、銀行振り込みや手渡しなどの返済方法、返済日や返済期日です。
インターネットで借用書の見本を探してみると、文面などそれぞれに多少の違いはありますが、借り主が押印せば完成します。

利息をいくらにすればいいのかということについては、銀行の貸し付け相場に合わせて、2〜3.5%くらいを目安にしてはいかがでしょう。
家族や親戚などは、無利息でいいと言ってくれる場合があります。
きちんと返済するということを必ず守ることにして、せっかくの好意はありがたく受け取っておいていいのではないでしょうか。
その代わり、そのとき助けてくれた貸し主が困ったときには、積極的に力になれるようにスタンバイしておくなど気持ちで返していけば、相手の方も「あのとき助けてよかった」と思ってもらえるはずです。

今回の借り入れとは別に、個人ではなく金融機関から融資を受けている場合、全ての返済が難しいときがやってきたら、個人の方へ優先的に返済することをお勧めします。
人間関係を大切にしていけるよう、お金を貸してほしいときに助けてくれた家族や友人を優先させてください。

お金貸してほしい記事一覧

お金を貸してほしいときの金銭消費貸借契約書と借用書

お金を貸してほしいとき、知り合いや家族などに相談してもし貸してもいいといってくれたら、借用書を作成することで安心してもらうことができます。借用書と一般的にいわれているものは、大きく金銭消費貸借契約書と借用書の2種類に分けられます。作成する書面の枚数が借用書は1枚ですが、金銭消費貸借契約書は2枚必要で...

≫続きを読む

お金を貸してほしいときの金銭消費貸借契約書作成のポイント

誰か身近な人からお金を貸してほしいという場合、金銭消費貸借契約書を作成しておけば相手の方に安心して貸し付けしていただけます。ひな形があるというわけではないのですが、基本的な金銭消費貸借契約書では主に6つのポイントを押さえておくといいようです。借り主と貸し主のそれぞれ名前・住所・押印、借りられた金額、...

≫続きを読む

お金を貸してほしいときの公正証書とは

友人などにお金を貸してほしいとき、あまり格式ばった方法でなく、なおかつ効力を持った借用書としはて金銭消費貸借契約書があることをご紹介しました。公正証書は公証人と呼ばれる法の専門家に介入してもらい、法的に作られる公文書のことです。金銭消費貸借契約公正証書は、公正証書の種類の一つで、借り主と貸し主が互い...

≫続きを読む

お金を貸してほしいとき公正証書の作り方

お金を貸してほしいときに作っておきたい公正証書は、全国各地にある公正役場で作成することができます。それぞれの公正役場で多少作り方が異なるかもしれませんが、一般的な方法をご紹介します。公正証書の内容はお金を貸してほしい借り主と、金銭的に協力するという貸し主との双方が納得した上で作成していけます。という...

≫続きを読む