多重債務者だけど誰かお金貸して

多重債務者だけど誰かお金貸して

多重債務と言えば、大手金融機関と中小消費者金融など混合して借入をされているような人、もう借入件数が度を過ぎていて返済するだけで精一杯、又は他社から借りてまで返さなければ

 

借金の返済が出来ない、借りては返し借りては返しを繰り返す正に蟻地獄にはまっているような状態。

 

多重債務という立場になるだけでブラックじゃないのにお金が借りられない、審査も通らなければ融資も不可、消費者金融のフリーローンなどでのキャッシング利用も徹底的に不可能という事となってしまいます。

 

ブラックじゃないのに何故?

 

大手の消費者金融では例えブラックじゃない人でも貸せない人がいるんですよね。

 

他社から2〜3件以上の借入が信用情報に記録されているような人となります。

 

いわゆる多重債務者となるのですが、返済能力の有無問わず原則として多重債務者ではお金が借りられない、フリーローンでは選べないという事となります。

 

普通にキャッシング出来ないなら、多重債務者はブラック同様何処からもお金が借りれないから泣き倒れするしか無いってものなのでしょうか?

 

結論を言えば『債務整理』『ブラックにならない債務整理』の二つが選べる事になります。

 

その違いって・・・?

 

債務整理でしたら弁護士や司法書士に誰でも気軽にご相談して借金を払いやすいように又はチャラにしてもらえるように出来る方法を取る事が出来ます。

 

要は多重債務者の負担を今以上に軽くする方法という事となりますが、最悪のデメリットと最高のメリットの両方を兼ね備えている自己破産という方法も選ぶ事が出来るでしょう。

 

但し債務整理後は信用情報に即ブラックが反映されてしまうため、すぐにお金が借りられる状態ではなくなる事となります。

 

これでは債務整理が怖い!!

 

そう思ってしまう人もいる事だと思いますが、これをもっと軽くした方法として『ブラックにならない債務整理』があるわけなのですが、法的な債務整理とは違ってただ単に自分の借金つまり債務を整理する方法、『おまとめローン』という方法となります。

 

おまとめローンは金融商品となっているので金融機関でおまとめローンをご利用すれば、借金の一本化で多重債務者から誰でも脱出出来るという事となります。

 

大手金融機関でおまとめが出来ないような場合であっても、中小企業の金融会社からおまとめローンを利用すれば審査にも一段と通りやすく、又借金一本化によって今後の返済計画が大いに改善されて、完済までの目処がつく事になると思います。

 

そして何と言ってもブラックにもなりません。

 

多重債務者が基本的に誰かにお金を借りるというよりも、この二つの債務整理のどちらかでうまく債務を整理する事を検討出来れば、多重債務者にとって一日でも早く借金の悩みから楽になれる事だと思います。