シングルマザー 融資 制度 手当

シングルマザーが融資を受けられる制度や手当

女性がシングルマザーになる場合、その背景は人によって異なります。旦那さんが事故や病気などで他界されたという方もいれば、離婚をしたという方もいます。離婚であれば、相手の男性から子供の教育資金や生活費を出してもらえるでしょうから、女性側の経済的な負担は少なくすみます。しかし、旦那さんがなくなって頼ることができない、生前に子供の学資保険などに加入していなかった場合は、子育てにかかる資金を女性が稼がなければなりません。

 

シングルマザーを経済的にバックアップしてくれる制度や手当を探してみたところいろいろありましたのでご紹介します。申請して資金の提供を受けられるものがあれば、利用条件を満たしていることを確認してみてください。

 

子育てに関する手当は、母子家庭住宅手当、児童育成手当、児童扶養手当、児童手当などがあります。母子家庭住宅手当は、子供の年齢が未成年で、月に家賃を1万円以上負担している母子家庭の世帯主に、地方自治体から支給されます。

 

児童育成手当は、子供が18歳の誕生日を迎えてから次の3月31日までに、約13,500円が地方自治体から支給されます。親御さんの収入により金額が変わります。こちらはシングルマザーだけでなく、シングルファーザーもOKです。

 

児童扶養手当は、父子家庭もしくは母子家庭の子供に地方自治体から支給されます。こちらも、親御さんの収入によって金額が変わり、十分な所得がある場合は支給されないケースもあります。

 

児童手当は、0歳から中学校を卒業するまでの期間に受給することができます。生後3カ月未満は一律で月々10,000円と決まっています。3歳を過ぎると第一子・二子が月々5,000円、第三子以上は10,000円となります。

 

他には、生活保護、保育料の免除、国民年金保険料の減額や免除、住民税や所得税の減免などがあります。制度を利用するときには、定められた条件にあてはまるかを判断されることになります。保育料の免除に関しては、自治体によって条件が全く違いますので確認が必要です。ご自身で判断してあきらめてしまうよりは、各相談窓口に直接問い合わせてみた方が確かなアドバイスを受けられるでしょう。

 

キャッシングなどで借入をする方法もありますが、免除になる制度があれば説教的に活用しましょう。友人や彼氏、先輩や後輩などの頼るという選択肢もあるのかもしれません。しかし、お金のことだからこそ人間関係を響くこともありますので、お金より人を大切にしたいところです。ご紹介した制度をフルに活用しても足りなくなったときに、あらためて銀行カードローンなどを検討してはいかがでしょうか。

シングルマザーが融資を受けられる制度や手当関連ページ

事前審査を活用しよう!
カードローンや消費者金融の公式ホームページを見てみると、多くのところではたったの数分で回答がでる事前審査のサービスを設けています。正式に申し込みをしてしまうと、もし審査に落ちたと場合にそのことが信用情報に載ってしみます。審査に何社も落ちていれば、新しく申し込みをしたところではなにか原因があると複数の他社から判断された人ということで、印象が悪くなりがちです。しかし、事前審査なら試したところで、どんな結果になろうと信用情報に載るわけではないとのことです。
お金が借りられないのは事故歴があることが原因かも
カードローンや消費者金融はお金貸して下さいといえば誰でも融資をしてくれるわけではなく、審査を行って通った人のみに貸し付けを行います。以前にキャッシングをしたことがあると、新規で他社に申し込みをしても問題なく利用できると思いがちですが、場合によっては審査に落ちてしまうこともあります。その場合は、もしかしたら以前に利用していたときの事故歴が影響しているかもしれません。
結婚資金で困ったらブライダルローン
ブライダルローンはさまざまな銀行などでプランがありますので、口座がらう銀行でもすぐに見つかるかもしれません。ブライダルローンで賄える資金は金融機関によって細かく違うでしょうが、披露宴や挙式資金、ウエディングドレス、新婚旅行の旅費などです。豪華な結婚式を予定して貯金をしてきたカップルでも、実際にウエディングドレスや式場の下見に周り、もっとバージョンアップさせたいとなったら、そんなときのもブライダルローンはいいのではないでしょうか。