お金が借りられない 事故歴 原因

お金が借りられないのは事故歴があることが原因かも

カードローンや消費者金融はお金貸して下さいといえば誰でも融資をしてくれるわけではなく、審査を行って通った人のみに貸し付けを行います。以前にキャッシングをしたことがあると、新規で他社に申し込みをしても問題なく利用できると思いがちですが、場合によっては審査に落ちてしまうこともあります。その場合は、もしかしたら以前に利用していたときの事故歴が影響しているかもしれません。

 

キャッシングの審査では、勤務形態や年収などの属性で評価される部分と、信用情報から判断される部分とに大きく分けられます。信用情報機関がこれまで融資を受けていたときのことや現在の利用状況などについて、申し込みを受けた消費者金融などにデータ公開しています。信用情報に事故歴がある人に融資をしないという金融機関があります。大手消費者金融、信販会社、銀行系カードローンは事故歴を重要視する可能性がありますので、申し込みをしても断られやすいかもしれません。

 

事故歴とは、どのようなことを指すのでしょう。毎月の返済期日を3カ月以上遅れて、そのことが事故歴として信用情報に含まれている。保証履行の記録が残されている。債務整理をした経験があり、まだ5〜10年経っていないために信用情報に書かれている。任務整理をしたことが記録されている。強制解約されたことがある。破産されたことが記録されている。

 

事故歴が残っていないからといって、審査に通るとは限りません。信用情報は、事故歴以外のことも書かれています。例えば、キャッシングの申し込みを3社以上して断られていたり、返済が何回もとどこおり遅れがちだったことなどです。これらは事故歴としての扱いはなされていないものの、金融機関によっては審査に不利に働くことがあります。信用情報の事故歴だけを判断材料にして審査を行う金融機関より、独自の基準によって審査を行うところを選ぶことで、審査に通りやすくなります。

お金が借りられないのは事故歴があることが原因かも関連ページ

事前審査を活用しよう!
カードローンや消費者金融の公式ホームページを見てみると、多くのところではたったの数分で回答がでる事前審査のサービスを設けています。正式に申し込みをしてしまうと、もし審査に落ちたと場合にそのことが信用情報に載ってしみます。審査に何社も落ちていれば、新しく申し込みをしたところではなにか原因があると複数の他社から判断された人ということで、印象が悪くなりがちです。しかし、事前審査なら試したところで、どんな結果になろうと信用情報に載るわけではないとのことです。
結婚資金で困ったらブライダルローン
ブライダルローンはさまざまな銀行などでプランがありますので、口座がらう銀行でもすぐに見つかるかもしれません。ブライダルローンで賄える資金は金融機関によって細かく違うでしょうが、披露宴や挙式資金、ウエディングドレス、新婚旅行の旅費などです。豪華な結婚式を予定して貯金をしてきたカップルでも、実際にウエディングドレスや式場の下見に周り、もっとバージョンアップさせたいとなったら、そんなときのもブライダルローンはいいのではないでしょうか。
シングルマザーが融資を受けられる制度や手当
女性がシングルマザーになる場合、その背景は人によって異なります。旦那さんが事故や病気などで他界されたという方もいれば、離婚をしたという方もいます。離婚であれば、相手の男性から子供の教育資金や生活費を出してもらえるでしょうから、女性側の経済的な負担は少なくすみます。しかし、旦那さんがなくなって頼ることができない、生前に子供の学資保険などに加入していなかった場合は、子育てにかかる資金を女性が稼がなければなりません。
市役所に行きたい方へ
お金が必要なとき、キャッシングの審査に通らない。 消費者金融でも相手にされない場合、市役所に行くのも一つの手です。社会福祉協議会があり、生活福祉資金や緊急小口資金の用意があって、原則無利子の資金となります。働きたくても働けない人のためのものです。あくまで福祉としての資金です。
収入がない方は諦める
審査があるキャッシングでは、無職のお金貸して下さいは無駄です。市役所の生活福祉資金でも貸してくれないです。アリバイ会社もバレたらまずいです。無職務収入はキャッシングが出来ません。個人融資や闇金ならば審査は無いので、借りれますが、危険性もあり、何より高い利子がつきます。
個人間融資で借りることは危険
個人間融資は、相手が個人によるキャッシングです。貸したい人と借りたい人の橋渡しですが、安心だという保証は何処にもありません。詐欺や闇金がはびこっている情報もあり、金利も高いので、ひどくおすすめ出来ません。安全性の保証が何処にも無いのですから。
収入がないと借りられない、生活保護は?
消費者金融もカードローンも必ず収入がある方しか審査対象にならないです。収入がない方は、社会福祉協議会の生活福祉資金も利用ができないです。生活福祉資金や緊急小口資金等の福祉の資金は、低所得者のもので、高齢者や障害者、日常生活が困難な方に対しての福祉資金となります。生活保護の間はキャッシングは不可能です。
個人情報流出はやばい お金貸してくださいと簡単に言わないこと
個人情報はある程度の金額で取引されているので、流出には気をつけましょう。名前も個人情報です。 キャッシングをしたいときには、必ず必要となります。審査の無い正規金融業者以外でのキャッシングには気をつけましょう。社会福祉協議会等に相談するのも一つです。