結婚資金 困った ブライダルローン

結婚資金で困ったらブライダルローン

結婚というととてもおめでたいことなのですが、結婚式や挙式、新居や引っ越し資金などお金が必要になることでもあります。盛大な結婚式を挙げるつもりはなかったのに、相手の親御さんが小さいお式でも挙げてほしいと希望していたり、職場の人に勧められたリなど。二人だけのことではないからこそ、自分たちの希望のままでいかなくなることがあります。

 

派手な結婚式を希望していなかったカップルの場合、そのための貯金をしていなかったとしても当然です。しかし、急に結婚資金が足りないという事態が発生したら、頼りになるのがブライダルローンです。

 

ブライダルローンはさまざまな銀行などでプランがありますので、口座がらう銀行でもすぐに見つかるかもしれません。ブライダルローンで賄える資金は金融機関によって細かく違うでしょうが、披露宴や挙式資金、ウエディングドレス、新婚旅行の旅費などです。豪華な結婚式を予定して貯金をしてきたカップルでも、実際にウエディングドレスや式場の下見に周り、もっとバージョンアップさせたいとなったら、そんなときのもブライダルローンはいいのではないでしょうか。

 

銀行でローンを組む場合、審査が終わって借入が実施されるまでに長く待たされるイメージがあります。銀行によっては半月程度で融資を受けられるようになりますので、十分間に合う期間でしょう。金利は5%台などがありますので、使途が問われないカードローンやキャッシングより節約できそうです。地方銀行の場合は、ブライダルローンに申し込める条件がその地方と周辺の都道府県に限られていることがありますから注意してください。

 

結婚式の資金なので、親御さんや親せきにお金を貸して下さいと頼めば、快く協力してくれるかもしれません。ただ、人生の新たな門出なので、できれば二人だけの力でなんとか乗り越えたいという気持ちもあるでしょう。金利が良心的なこと、返済は最長10年などの無理せず返せるプランがあること、融資を受けられる最大額が500万円などかなりまとまった金額も期待できることなどから、ブライダルローンは魅力的な商品です。結婚生活のマネープランに加えて、二人でじっくり相談し決断をしてください。

結婚資金で困ったらブライダルローン関連ページ

事前審査を活用しよう!
カードローンや消費者金融の公式ホームページを見てみると、多くのところではたったの数分で回答がでる事前審査のサービスを設けています。正式に申し込みをしてしまうと、もし審査に落ちたと場合にそのことが信用情報に載ってしみます。審査に何社も落ちていれば、新しく申し込みをしたところではなにか原因があると複数の他社から判断された人ということで、印象が悪くなりがちです。しかし、事前審査なら試したところで、どんな結果になろうと信用情報に載るわけではないとのことです。
お金が借りられないのは事故歴があることが原因かも
カードローンや消費者金融はお金貸して下さいといえば誰でも融資をしてくれるわけではなく、審査を行って通った人のみに貸し付けを行います。以前にキャッシングをしたことがあると、新規で他社に申し込みをしても問題なく利用できると思いがちですが、場合によっては審査に落ちてしまうこともあります。その場合は、もしかしたら以前に利用していたときの事故歴が影響しているかもしれません。
シングルマザーが融資を受けられる制度や手当
女性がシングルマザーになる場合、その背景は人によって異なります。旦那さんが事故や病気などで他界されたという方もいれば、離婚をしたという方もいます。離婚であれば、相手の男性から子供の教育資金や生活費を出してもらえるでしょうから、女性側の経済的な負担は少なくすみます。しかし、旦那さんがなくなって頼ることができない、生前に子供の学資保険などに加入していなかった場合は、子育てにかかる資金を女性が稼がなければなりません。
市役所に行きたい方へ
お金が必要なとき、キャッシングの審査に通らない。 消費者金融でも相手にされない場合、市役所に行くのも一つの手です。社会福祉協議会があり、生活福祉資金や緊急小口資金の用意があって、原則無利子の資金となります。働きたくても働けない人のためのものです。あくまで福祉としての資金です。
収入がない方は諦める
審査があるキャッシングでは、無職のお金貸して下さいは無駄です。市役所の生活福祉資金でも貸してくれないです。アリバイ会社もバレたらまずいです。無職務収入はキャッシングが出来ません。個人融資や闇金ならば審査は無いので、借りれますが、危険性もあり、何より高い利子がつきます。
個人間融資で借りることは危険
個人間融資は、相手が個人によるキャッシングです。貸したい人と借りたい人の橋渡しですが、安心だという保証は何処にもありません。詐欺や闇金がはびこっている情報もあり、金利も高いので、ひどくおすすめ出来ません。安全性の保証が何処にも無いのですから。
収入がないと借りられない、生活保護は?
消費者金融もカードローンも必ず収入がある方しか審査対象にならないです。収入がない方は、社会福祉協議会の生活福祉資金も利用ができないです。生活福祉資金や緊急小口資金等の福祉の資金は、低所得者のもので、高齢者や障害者、日常生活が困難な方に対しての福祉資金となります。生活保護の間はキャッシングは不可能です。
個人情報流出はやばい お金貸してくださいと簡単に言わないこと
個人情報はある程度の金額で取引されているので、流出には気をつけましょう。名前も個人情報です。 キャッシングをしたいときには、必ず必要となります。審査の無い正規金融業者以外でのキャッシングには気をつけましょう。社会福祉協議会等に相談するのも一つです。