お金 貸してください

お金貸してください


  1. お金を借りられない人が審査でやっているミス
  2. お金を貸してください
  3. お金を貸してもらいたいけどどこも貸してくれない
  4. お金がどうしてもすぐに必要なときはどうしたらいい?
  5. どこもお金を貸してくれない場合はどうする?
  6. 街金からお金を借りる



お金を借りられない人が審査でやっているミス

金融機関から融資を受けるためには、当然審査を受けて通らなければいけません。

世の中には審査が甘い消費者金融などといった、都合のいい宣伝もありますが、闇金であるリスクがありますので安易に申し込まないことが大切です。
既に金融機関にキャッシングの申し込みを行ってみたけれど、審査に通過しなかったという場合、審査に通りにくい方法で手続きをしてしまっているかもしれません。
以下のミスをしていないか、チェックしてください。

すでに審査落ちを経験していたり、勤務形態や勤続年数などで不利そうな場合は、
審査に落ちないために、どうすればいいのかを考えなければなりません。
お金を融資してくれる金融機関はいろいろありますが、
返済するときに、借りたお金にプラスする金利が低いところはやはり高い人気があります。

金利が低いカードローンは審査が厳しい可能性が高いので、
そのようなところに申し込みをして断られたとしても、他社なら十分審査に通る可能性があります。

1.990〜7.990%という良心的な実質年率で、
融資を行っている住信SBIネット銀行MR.カードローンなどがいい例でしょう。
雇用形態が正社員であったり、勤続年数がある程度長くないと、
なかなか審査に通りにくいと予想されます。

お金が必要になったとき、どんな基準で業者選びをするでしょうか。
普段からテレビCMや広告で多く目にしている、
カードローンや消費者金融から、適当に選んでいる方も多いでしょう。
通常でしたら借入できますが、借入が困難な状況からCMを行っているような、
知名度の高い金融業者は審査に通りにくいといわれています。

例えば、銀行カードローンは金利が低く、
銀行ということから安心して借りられるイメージがありますが、その分審査は厳しいようです。
審査に通ることが期待できるかどうかで、申し込み先を選ぶようにすることが大切です。

すでに何社かから借金ができているけれど希望額にまだ足りないという場合、
4社以上から融資を受けている状態で、新しい申し込みをすると断られる可能性が高くなります。
審査で信用情報を照会するとき、他社での利用状況はすぐに知られてしまいます。
多くの会社から融資を受けていると、審査落ちしやすくなります。

それでも新規で手続きをしたければ、
借入総額を減らさなくても利用中の会社数を減らすようにすることで、
審査に通りやすくなりますから、調整してみてはいかがでしょうか。

▲メニューに戻る



お金を貸してください

お金をかしてくださいといった人はネットでもよく見かけます。
こういった人たちに聞いてみると、銀行や消費者金融会社からお金を借りることができないという、回答数が圧倒的に多くなるのです。

掲示板などを利用して、個人間融資をしてもらおうという人もいます。
今では、借金の代名詞ともなっているカードローンですが、銀行カードローン、消費者金融カードローンといった銀行と、消費者金融会社からカードローンといった、金融商品が出ているのです。
カードローンは緊急小口資金としては、かなり利用価値があります。
しかし、あらかじめ銀行や消費者金融会社に、
カードローンの申し込みをして、ローンカードをもらっておかなくてはいけません。

利用の仕方というのは、クレジットカード会社が発行する、
クレジットカードのキャッシング機能と、何ら変わるところがありません。
もっとも、クレジットカード会社のキャッシング機能は、あくまでもメインはショッピング枠であって、
キャッシング機能は文字通り、緊急小口資金としての活用にとどめておいたほうがいいでしょう。

また、ネットの掲示板にお金を貸してくださいという人は、
既にどこからもお金を貸してくれない人が多いです。
そうなると、公的機関の生活福祉資金に、お金を借りるように申請するといいでしょう。
厚生労働省の管轄になります。
金利が低く,消費者金融会社や銀行で借りるよりも、抜群に少ない利息で返済することができるのです。

銀行や消費者金融会社からお金を借りることができないのでしたら、
生活福祉資金から、お金を借りるようにしたらいいでしょう。
もっとも公的な資金で元は国民の税金ですから、お金を借りるまでにかなりの時間がかかります。
カードローンなどが掲げている、30分スピード融資みたいなことはありません。
数週間あるいは、数ヶ月かかることは覚悟しておかなければいけないでしょう。
ですから、生活費が足りなくて窮乏生活を送っていて、お金を貸してくださいというのでしたら、
生活福祉資金に迅速性はないので注意しましょう。

もっとも、今日明日のお金がないというときも、こういった公的機関に相談に行くのは得策と言えます。
何らかの方法を教えてくれるので、生活福祉資金に限らず、
窮乏者を救う施策もあるので、そういったところも紹介してもらえるでしょう。

お金を借りるにも、申込者は申し込み書を書かなくてはいけません。
申し込み書となると、個人情報の宝庫なので、取扱には十分気をつけている金融機関や、
消費者金融会社に、融資の申し込みをしたいところです。

個人間融資掲示板などを利用していると、個人ではなく、業者が介在してくるときがあります。
個人よりも業者のほうが安心できると思う人も多いのですが、
詐欺に遭う可能性も無きにしも非ずですので、注意したほうがいいでしょう。

個人間融資掲示板は、個人間でおかねの貸し借りをするといったものです。
利息などが銀行などの金融機関や、消費者金融会社などの貸金業者よりも、とても高くなってしまいます。
個人間での上限金利は、業者での上限金利よりも、かなり高く設定されているためです。
銀行や消費者金融会社から借りることができないとなると、頼るのは個人間融資となるのですが、
それでも、詐欺に遭わないように気をつけるようにしましょう。

取引などは主に、掲示板上あるいはメールなどで行います。
交渉がまとまれば、口座にお金が振り込まれることになっているのです。
気になる返済ですが、事前の交渉できまった返済方法となります。
お金を借りた総額と、利息を足したものが返済に必要な合計金額となるのです。

お金を貸したい人と借りたい人の思惑が、うまく合致するのが個人間融資掲示板の特徴ですが、
最近は多くの業者も介入しているということですから、利用する人も気をつけなくてはいけません。
利息制限法などで決められた上限金利になるので、業者が貸してくれたほうが、
利息も少なくて済むと考えがちですが、業者もあくまでも個人として参加しているので、
そのあたりが特に、胡散臭いところなのです。

個人間融資掲示板は交渉次第ですべてが決まるのですが、
法外な利息計算で返済しなくてはいけないケースが多いです。
ですから、背に腹は変えられない気持ちはわかりますが、どう考えても損をする場合が多いです。

よって、個人間融資掲示板の利用はできるだけしないほうがいいでしょう。
個人間融資掲示板を利用しなくても、消費者金融会社では属性が低くても、
融資をしてくれる消費者金融会社はたくさんあります。
ですから、個人間融資掲示板を頼ることなく、
消費者金融会社でお金を貸してくれるところを探したほうがいいでしょう。

どこもお金を貸してくれないようでしたら、属性がかなり低いこと、
そして返済能力がないと思われていることから、新たな借金はしないほうがいいかもしれませんね。
いずれにしても、お金を借りたら返済しなくてはいけません。
そういったところを、よく意識してお金を借りるようにしなくてはいけませんね。

▲メニューに戻る



お金を貸してもらいたいけどどこも貸してくれない

お金を貸してもらいたいけど、どこも貸してくれないとなったらどうしたらいいでしょうか。
公的機関の貸付制度を頼るのが一番ですが、すぐにお金を貸してくれるわけではありません。
それでも借りることができたら、金利も低いですし、先々を見越して、申し込んでおいたほうがいいかもしれません。

公的機関の場合は、銀行カードローンや、消費者金融会社のカードローンなどと同じ審査がありません。
収入状況などから、お金を貸してくれるかどうかの判断となるので、
確実にお金について窮乏しているようでしたら、お金を貸してくれる確率も上がるでしょう。
世間体の問題もあるので、プライバシーなど個人情報がきちんと守られるかも気になるところです。

他にも社会福祉協議会などの団体が、お金を貸してくれる場合があります。
くわしくは市役所の関係窓口に相談に行くといいでしょう。
社会福祉協議会などで貸してくれるのは、社会福祉協議会福祉資金と呼ばれるものです。
これは先述した、生活福祉資金制度と同じようなものですね。

市や都道府県、さらには国からの福祉費から出されるものですから、
税金となるので、貸付けしてもらうまでには、
時間がかかるということを頭に入れておいたほうがいいでしょう。

▲メニューに戻る



お金がどうしてもすぐに必要なときはどうしたらいい?

まとまったお金が、どうしても必要なときはどうしたらいいでしょうか。
友人や知人でしたら、頼み込んだら2,3万円くらいは貸してもらうことができるでしょう。
しかし、それが10万円20万円さらにはそれ以上となると、友人知人に頼むことはできません。

そうなるとどうしたらいいのかというと、やはり身内になるのですが、身内にそれだけの財力があれば貸してくれることもあるでしょう。
もし借りることができたら、利息もかからないし、
あるとき払いの催促無しで、借りることができるメリットもあります。
しかし、身内の場合はどうしても返済に甘えが出るので、途中まできちんと返済をしていても、
どこかの時点で返済が、うやむやになるといったことも起きてしまうのです。

お金の問題は友人知人はもちろんですが、身内でも、しこりを残してしまうことにもなりかねません。
お金を借りる際に言われるのが、「絶対に返す」というものです。
絶対に返すという気持ちがあるのでしたら、消費者金融会社などからお金を借りたほうが、
覚悟の面でも最善策と考えていいと思います。

友人知人や身内にお金を借りる場合は、借用書を書くことを求められる場合があります。
というよりも親しき仲にも礼儀ありですから、借用書は書いたほうがいいですね。

▲メニューに戻る



どこもお金を貸してくれない場合はどうする?

銀行や消費者金融会社をあたっても、どこもお金を貸してくれないというときは、どうしたらいいでしょうか。
銀行や大手消費者金融会社などのカードローンに申し込んで、審査に落ちている場合は、申し込みブラックになっている場合が考えられます。
信用情報機関にそういった申し込みをしても、審査に落ちたという情報が共有されているので、他の貸金業者で落ちたという情報がわかれば、その貸金業者もお金を融資することはないでしょう。

属性が低くて、信用情報機関の信用情報に、
延滞などの記録が残っている場合も、ローンの審査に通ることはないでしょう。
銀行も大手消費者金融会社も、延滞情報などには敏感だからです。

これは、融資をするときの契約書に書かれているので、
延滞というのは立派な契約不履行ということになります。
遅延延滞損害金を支払うのもそのためですし、
それを払ったからといっても、信用は落ちてしまっているのです。

ですから、信用情報機関に加盟している銀行や消費者金融会社などでは、
申し込みブラックや延滞情報などの情報が共有されているので、
信用情報機関に加盟している銀行や消費者金融会社から、融資を受けることはできないでしょう。

▲メニューに戻る



街金からお金を借りる

消費者金融会社の中でも、街金でお金を借りる方法があります。
街金は消費者金融会社の中でも、かなり小規模な消費者金融会社です。
そのため業容も小さく、貸付金額もそれほど高額にはなりません。
貸付金額の相場、つまり借りることのできるお金は、10万円程度でしょう。
それでも貸してもらえるなら融資を受けたいという人でしたら、申し込むといいと思います。

属性が低くて、審査に通るかどうか心配な人もいるでしょう。
信用情報機関に加盟していない街金がほとんどですから、審査は独自審査で行われます。
これは、街金が単独で審査をするということです。

信用情報機関に信用情報を照会することはできないので、現在の状況で審査をすることになります。
他の他社借り入れも不問ということですから、現在仕事についていて、
電話などで在籍確認が取れれば、審査OKという簡単なもので審査にパスすることができるのです。

10万円程度の少額融資となるのですが、貸してもらえるだけでもありがたいですね。
どこも貸してくれなくても街金なら貸してくれる可能性は高いです。
あまり馴染みのない貸金業者で、公式サイトなども開設していないことが多いので、
ますますどんな貸金業者なのか気になりますが、融資を受けるにも店舗に行くのが基本となります。
ネットにもそういった情報が載っているので、それを頼りに情報を集めて訪問してみるといいでしょう。

▲メニューに戻る

お金貸してください記事一覧

事前審査を活用しよう!

カードローンや消費者金融の公式ホームページを見てみると、多くのところではたったの数分で回答がでる事前審査のサービスを設けています。正式に申し込みをしてしまうと、もし審査に落ちたと場合にそのことが信用情報に載ってしみます。審査に何社も落ちていれば、新しく申し込みをしたところではなにか原因があると複数の...

≫続きを読む

お金が借りられないのは事故歴があることが原因かも

カードローンや消費者金融はお金貸して下さいといえば誰でも融資をしてくれるわけではなく、審査を行って通った人のみに貸し付けを行います。以前にキャッシングをしたことがあると、新規で他社に申し込みをしても問題なく利用できると思いがちですが、場合によっては審査に落ちてしまうこともあります。その場合は、もしか...

≫続きを読む

結婚資金で困ったらブライダルローン

結婚というととてもおめでたいことなのですが、結婚式や挙式、新居や引っ越し資金などお金が必要になることでもあります。盛大な結婚式を挙げるつもりはなかったのに、相手の親御さんが小さいお式でも挙げてほしいと希望していたり、職場の人に勧められたリなど。二人だけのことではないからこそ、自分たちの希望のままでい...

≫続きを読む

シングルマザーが融資を受けられる制度や手当

女性がシングルマザーになる場合、その背景は人によって異なります。旦那さんが事故や病気などで他界されたという方もいれば、離婚をしたという方もいます。離婚であれば、相手の男性から子供の教育資金や生活費を出してもらえるでしょうから、女性側の経済的な負担は少なくすみます。しかし、旦那さんがなくなって頼ること...

≫続きを読む

市役所に行きたい方へ

お金が必要なとき、キャッシングの審査に通らない。消費者金融でも相手にされない場合、市役所に行くのも一つの手です。どうしてお金を貸してくれる?福祉の観点での、借金になります。全国の市町村には社会福祉協議会があり、生活福祉資金や緊急小口資金の用意があります。原則無利子の資金ですが、申請にはいくつか条件が...

≫続きを読む

収入がない方は諦める

お金を貸して下さいと消費者金融に申し込みをしたのなら、申込情報と信用情報での審査で、現在借入できる金額が設定されます。返済ができるかが問題になりますが、収入があって、金融業者の審査に通ればキャッシングできます。相手にされない無職審査があるキャッシングでは、無職のお金貸して下さいは無駄です。市役所の生...

≫続きを読む

個人間融資で借りることは危険

お金貸して下さいと掲示板に書くと、貸してくれる人が現れる。これは個人間融資の掲示板のことです。個人間融資とは?金融業者ではなく、相手が個人によるキャッシングです。掲示板は民間のものであり、ネームバリューのあるものからそうではないもの。TwitterやLINEでもお金貸してくださいと言えば、食いつく人...

≫続きを読む

収入がないと借りられない、生活保護は?

収入がないとあるとでは、キャッシング審査は大きく変わります。消費者金融もカードローンも、必ず収入がある方しか審査対象にならないです。収入がない方は、社会福祉協議会の生活福祉資金も、利用ができないです。低所得者世帯限定生活福祉資金や緊急小口資金等の福祉の資金は、原則として低所得者のものです。高齢者や障...

≫続きを読む

個人情報流出はやばい お金貸してくださいと簡単に言わないこと

個人情報は、ある程度の金額で取引されているのをご存知でしょうか?カードローン、クレジットカード会社等で、個人情報流出になると、ニュースでもあるのですが、流出させるのには理由があります。それなりのお金になります。ですから、個人情報保護というのは、金融機関や金融業者にとっては、とても重大なことです。とこ...

≫続きを読む