信用第一 個人間融資 無収入は借りない

信用が第一の個人間融資 無収入は借りないこと

個人間融資は、誰かお金貸してという書き込みができます。
内容を見ると、給料日にはお返ししますとか、必ず返済をしますとのコメント付きです。
反対に貸してあげますという方では、審査ではないのですが、無収入はお断りなどの条件付きの場合もあります。
さすがにブラックはNGという内容はないですが。

 

信用はどうする?

消費者金融カードローン、金融会社では個人情報と信用情報から、完済ができる人の信用を審査します。
機械的に行うのですが、収入は在籍確認を行います。
しかし、個人間融資では原則的に個人情報も信用情報も申告内容だけです。
そして、ブラックでも借入ができることが多いのですが、全て口約束でしょう。
ここで、借りたい側は、相手をどこまで信じる事ができるか?
闇金業者が多いと言われるのですが、それでも借りたい?というのが疑問です。
貸したい方も返済の保証がないのに、貸すつもりなのか?と疑問です。
借りたい人は本当に困っているけれど、金利が高いのは当然のキャッシングです。
それでも借りたい真意としては、疑い深いというのが個人間融資のすべてです。

 

経験者は語る

口コミでは、金利が50%でしたが返済しました、とあります。
審査がなく、困った時の助かりましたというのですが、金利が50%!
たいていこの数字になりますが、果たして誰かお金貸してという方にとっては、その返済も大変だったのではないか?とおもわれるのですが。
相手を信用できるか分からないと思うのは、おかしいことでしょうか?
借りた方も最後のコメントで、2度と個人間融資は利用しないというのが印象的でした。
その真意は、それぞれが聞いた方が感じて下さい。
借りられたと言う口コミを見ても、本当に大丈夫なの?という不安は拭いきれないのが本音です。

 

最後は自分しかない

消費者金融などの借入ができない方では、ブラックだけではなく、無収入の方も借入ができないです。
そのような方でお金を必要とするときには、社会福祉協議会などに相談に行きましょう。
公的資金として、生活福祉資金貸付制度があります。
これは無収入では借入ができないのですが、生活保護などの申請が可能な場合があります。
もし、障害が原因なら障害年金などがあり、何かしらの方法があります。
多重債務者で借入ができないので、仕事ができるのなら、生活保護はないのですが、仕事ができない方の場合は、個人間融資は危険です。
公的資金などで、正常な生活に戻ることを考えましょう。
そして、借金はできないことを自覚して下さい。


信用が第一の個人間融資 無収入は借りないこと関連ページ

誰かお金貸して 審査
個人でお金を借りるという方法もありましたがどちらにしても大手以外のキャッシングでしたので審査も甘い又は審査なしでお金が借りれる可能性もあったりするでしょう。
誰かお金貸して 個人間融資
個人間融資であれば個人でお金が借りれる唯一の方法。主にネットの掲示板やSNS経由でお金が借りれる手段となっており、うまくいけばフリーターでもお金が借りれるというものでした。
誰かお金貸して ブラック
誰かお金貸してと言ったらお金を貸してくれる人は幸せ者です。それが彼氏であったり会社であったり銀行であったり友人であったり家族であったり、何かしらお金が足りない時に力を貸してくれるというものなんだと思います。
誰かお金貸して 消費者金融
誰かお金を貸してと探せば街金なら沢山あるのでお金が借りれない事で嘆く事も減るでしょう。というか早い話今すぐに街金へ電話したりネットで申し込みすれば誰でもお金が借りれるかもしれません。
消費者金融審査落ち後の個人間融資はどう?
カードローンの審査に落ちた場合、審査基準を低くしていくのですが、中小消費者金融の審査落ちになってしまったら、金融業者からの借入ができないです。ただ。その時の状況で、次に動き出す行動は変わってきます。
個人間融資の心配なこと 個人情報と生活保護
掲示板での緊急小口資金提供、カードローン、消費者金融で借りれない方でもOK、金融業者ではない個人の融資を行う所があります。管理人不在の自由なやり取りです。金融会社でないので、審査がありません。
完全個人なら金利高くても仕方ない?
完全個人の個人間融資は存在しないです。何が個人?という基準としては、業者としてキャッシングをするのではないことです。個人間融資では、たいてい闇金業者が牛耳っていることが多いといいます。
中小消費者金融審査落ち後の個人間融資は危険
借入は金融会社では、必ず信用ができる人にしかしないことです。審査があり、ブラックであれば審査落ちがあるのはそのためです。大手消費者金融、銀行カードローンでは厳しいと言われていますが、それが当たり前の内容です。