誰か お金を貸してください お金の工面

お金貸して下さい








個人融資掲示板に「お金貸して下さい!」

YAHOO!知恵袋などのネット上で質問をして回答数が寄せられるサイトを見ると、「お金を貸して下さい」という人や、知り合いからそう言われて困っている人などのお悩み相談がいろいろ寄せられています。

お金を貸して下さいと知り合いや家族などに相談することはあっても、全く面識がないアカの他人に申し出たことがある人は少ないのではないでしょうか。
しかし、今インターネット上で全く知らない人が融資希望者となって名乗り出て、借金が行われる「個人融資掲示板」というサイトが登場しています。

個人融資掲示板は銀行や消費者金融などのプロの金融会社ではありませんので、当人同士さえ納得できればやり取りが成立します。
掲示板を見てみると、お金が必要な人が困っているという書き込みをし、反対に融資希望者もいくらまでならお貸ししますといった内容を載せています。

申し込みフォームにはニックネームの投稿者名、現在地である都道府県、融資希望額、一言メッセージの項目があります。
借りたい側の人は、例えば「知り合いの結婚式が重なって今月は出費がふくらむので、いつまでにいくら必要になりました。月末が給料日なのでそのときに、金利〇%で返済します。」などと、お金が必要になった事情や、借りたい金額などを具体的にメッセージしています。

反対に融資希望者は、例えば「〇〇円まででしたらご融資できます。保証人や担保は不要ですが、無職の方はご遠慮下さい。」「一括返済でなくても、リボ払いにも対応します。」など、貸付けできる金額の上限や、相手の条件などが書かれています。

こうしたメッセージを見た人が、個人融資掲示板上で返信をしていきます。
個人情報がほとんど載せられないまま、個人間融資のために直接連絡を取り合う形です。
借入先が金融機関ではなく個人の素人ということですので、本人確認をする方法もあいまいです。
ということは、債務整理をしていたり、ブラック破産者無職などの方であっても、個人間融資ができることになります。

実際に個人融資掲示板に申し込みをした人の事例によれば、サイトによってすぐに返信があるところもあれば、全く音沙汰ナシの音信不通のところもあるそうです。
即日融資を希望される場合は、個人融資掲示板でじっと返信を待つよりも、老舗で安心して借り入れできる中小消費者金融などに申し込みをした方が早いでしょう。

返信があったところで、個人融資掲示板上で条件がマッチしたからと本人同士が連絡を取り合ったとしても、結局は個人どころか正規の金融業者でもありません。
個人融資掲示板から返信がきた借入先は、法外な利子を吹っかけてくる闇金だという危険性が高いことを忘れないでください。

連絡がきた相手にあやまってそのままお金を貸して下さいと申し出てしまっても、あとから詐欺にあったと気が付くことになるでしょう。
闇金は法外な高金利で貸し付けをしてきますが、法律により上限金利が定められています。
法律で定められた金利より高い貸しつけをされたとしても、返済する義務はありません。
もしすでに融資を受けてしまったという場合は一人で悩まずに、市区町村などの弁護士無料相談などでプロを頼ってみてはいかがでしょう。


▲上に戻る




お金貸して下さい個人融資掲示板で闇金から返信

お金貸して下さいと個人融資掲示板でメッセージを載せたら、闇金から返信があったというケースがあったそうです。
闇金といったら、「090金融」の広告に申し込みをしなければ引っかからないだろいうと思ってしまいますが、個人融資掲示板にもまぎれ込んでいるようなので要注意です。

どうして闇金が090金融と呼ばれているかというと、通常でしたら正規の金融業者が広告を出す場合、電話番号は固定電話でなければならないと貸金業法で決まっています。
しかし、闇金は090で始まる番号、つまり携帯電話番号を載せているので、法律を守っていない業者であることがわかるのです。

個人融資掲示板で返信が来た相手は、まずメールで融資できますと連絡をよこし、次に直接の交渉に入りたいので電話番号を教えてくれと伝えてくるそうです。
電話がかかってきたときに携帯電話の番号の着信なら、ヤミ金の可能性を疑うこともできそうなのですが、実際には固定電話番号の着信だったとのことです。
090金融という言葉が広まっていることから、闇金側も相手の警戒心を取り払おうとして広告ではなく個人融資掲示板を利用したり、固定電話番号を用いたり工夫しているのでしょう。

直接電話でやり取りをしてみると、一般人でしたら普通は言わないことを事務的に質問してくるそうです。
最近金融業者からお金を借りましたか、職業はなんですか、ご家族は、など。

これらの質問には、融資をする貸付業者特有の意味合いが込められているそうです。
どこかの金融業者から借金をしているとしたら、審査に通るだけの安定収入があるのではと判断できます。
融資をしているのが闇金ではない正規の金融会社であれば、スコアリングシステムで一定水準を超える点数を満たした優良な顧客だということになります。
スコアリングシステムを用いず独自審査をしている中堅消費者金融でも、やはり返す見込みがない人であれば融資をするわけがありません。

職業は、学生や専業主婦、無職などの場合、返済能力の面から、闇金からの融資も断れれます。
無職などの理由から、個人融資掲示板でやり取りをした闇金はお金を貸さなかったそうです。

これで闇金もあっさりあきらめてくれればいいのですが、まだ続きがあります。
指定した住所に口座や通帳、キャッシュカードを送付してくれたら、お金を貸してもいいというのです。
ここからは個人融資掲示板でやり取りをする担当者から離れて、他店に移されるようです。

どうしてアカの他人の通帳や口座が必要なのかと言えば、振り込み詐欺などで悪用するためのようです。
自分名義の通帳や銀行口座が振り込み詐欺に利用されでもしたら、犯罪に加担されていると警察に疑われしまうでしょう。
そんなことになったら、高い金利でヤミ金からお金を取られるより悪質です。

結論としては、インターネット上で知り合った相手と個人間融資が成立することはないと考えるのが身のためです。


▲上に戻る


低金利でお金貸して下さいというときにろうきん

「ろうきん」という金融機関の存在を知っていますか。
ろうきんはローンの融資を中心としている一般社団法人の非営利組織で、全国労働金庫協会といいます。
貯金や運用などの業務も行われています。

銀行のようなところで、ろうきんは全国にあります。
営利目的で運営されている金融機関ではありませんので、お金のやり取りをする場所として安全で安心感があるでしょう。

一般的に銀行や消費者金融などで借り入れをすると、10%以上の利子は覚悟が必要です。
しかし、ろうきんの金利は年率で3.8%〜9.8%と低いので、お金を貸して下さいという相手にはピッタリでしょう。
日本中どこの地域も対応しているのですが、13に分かれていますので、お住まいがある最寄りのろうきんを利用することになります。

借り入れをしたり返済したりするとき、近くにろうきんの窓口がないと面倒に思われるかもしれません。
しかし、ろうきんは全国の金融機関やコンビニのATMと提携していますので、近所のATMから借りたり返したりの手続きを手軽に行えます。
手数料が無料というところも、ろうきんの利用しやすさの一つです。

貸金業法が改正されてからというもの、消費者金融や信販会社などの貸金業者では総量規制の対象となり、借り入れできる金額に上限ができるようになりました。
申込者の年収の3分の1までしか、貸金業者全体で融資をすることができなくなっています。
それにより、もっとお金が必要であるにもかかわらず、借りたくても借りられないというケースがあります。

そういった場合は総量規制の対象外である銀行であれば、年収の3分の1を超える借金もできます。
ろうきんも銀行と同じく、総量規制が関係ありませんので年収の3分の1以上の借入れも可能です。

ろうきんの金融商品は、主に4種類があります。
カードローン・住宅ローン・自動車ローン・教育ローンです。
ろうきんではまず仮審査をホームページから申し込み、1週間くらいで結果がわかります。
次に本審査に入りますので、契約ができるまで申し込みから約2週間を要すると思っておいてください。

ろうきんで融資を受ける場合の条件は、まず年齢が18歳から65歳であることです。
消費者金融などでは満20歳以上というところが多いので、18歳から貸し付け対象になるというのはありがたいのではないでしょうか。
さらに年収が150万円以上あること、今働いている職場は1年以上の勤続年数であることなどが条件とされています。

申し込みをしたら審査がスタートしますが、他の人より審査に通りやすくするための方法があります。
それは、以下に属している人です。
生協組合・労働組合・勤労者のために福利共済活動を目的とし運営されている団体・地方公務員や国家公務員の団体。

これらに当てはまるという方は、他の金融機関でお金を貸して下さいと申し込むより、ろうきんを利用するのがいいのではないでしょうか。


▲上に戻る



無名でも信頼してお金が借りられる中堅消費者金融

お金を貸して下さいと申し込みをする場所は、決して都市銀行やCMなどで馴染みのある大手消費者金融ばかりではありません。
確かに知名度が高く、名前をいえば誰でも知っているような金融機関は、ヤミ金などの悪徳業者ではないという安心感があります。
しかし、実際に申し込みをしてみると、案外審査で落とされてしまうこともないわけではありません。

闇金でないことが明らかであり、なおかつ長年の実績がある老舗であれば、CMや宣伝をしていない無名の金融業者でもいいはずです。
大手の銀行や消費者金融で審査落ちをしたら、中小消費者金融に目を向けてみてはいかがでしょう。

現在はインターネットが普及している時代ですから、どんなに無名な金融会社でも優良で安全なところは複数のサイトで紹介されています。
大手の消費者金融などは審査でスコアリングシステムという方法を導入しており、申し込み時に申告した個人情報からスコア(点数)をつけて、合計点が一定以上かどうかで審査に通しています。

例えば、一人暮らしでアパートに住んでいる人と、実家の持ち家で家族と暮らしている人とでは、スコアリングの点数が違ってきます。
点数が高くて審査に有利なのは、持ち家の実家で家族と同居している人です。
もし返済がとどこおったとしても、実家なら連絡をしたときに逃げにくいなど、審査担当者目線で考えるとどちらに高評価がつくかはわかってきます。

融資をする側としては返済がされずに逃げられ、貸し倒しになってしまえば、その分の業績が赤字になります。
どんな会社でも、赤字を出し続けても運営できるところはありません。
事業として成り立たせるためには、きちんと返済してくれると信頼できる人を審査で選ぶ必要があるのです。

どうして中小消費者金融がいいかというと、スコアリングシステムではなく独自審査によって評価をしているからです。
大手では、過去数年以内に自己破産などの債務整理を行っていると、それだけでアウトになってしまいます。

中堅消費者金融の場合は、例えば債務整理を行った当時は勤続年数がわずかなアルバイトの従業員だった人だとしても、現在は就職をして正社員として真面目に働いていたら、十分な返済能力があると評価してくれます。
評価されれば、初めは利用限度額が低額からかもしれませんが、契約を交わして融資をしてくれるでしょう。

低額であっても契約ができれば、借り入れをしてきちんと返済を守ることにより、クレジットヒストリー(通称クレヒス)ができていきます。
クレヒスは金融業者への信頼を獲得できる手段です。

信頼ができていけば、増額の申し込みをすることで希望する利用限度額までアップしてもらえる可能性がでてきます。
お金を貸して下さいと申し込んで初めから希望する金額を借りられなかったとしても、コツコツと尽力することで可能にすることができます。
まずその入口として少ない金額でも契約にこぎつけられるのは、中小消費者金融です。
銀行カードローンでも、大手ではない中堅のところがありますので、条件に合うところを探してみてはいかがでしょうか。


▲上に戻る



お金を貸して下さいの英訳例

お金を貸して下さいと言いたくなる場面は、国内だけとは限りません。
海外旅行先や留学中など手持ちに日本円しかなく、どうしても現地のお金が必要になるなどということもあります。
日本国内にいても、英語圏の友人ができたら幅広い内容のやり取りがあるはずです。
あまりお金を貸して下さいとは言わないかもしれませんが、例えば見た映画やドラマの作中でこんなフレーズややり取りがセリフに出てきたなど、会話中にあるかもしれません。
状況によって最適な英訳例は異なるでしょうが、一例をご紹介します。

基本的にお金を貸して下さいという会話で出てきそうな単語は、借りるの「borrow」、貸すの「lend」、スラングで貸す意味の単語「spot」などがあげられます。

具体的な金額がないなら、「Could you lend me some money?」と「借りる」のlendがいいのではないでしょうか。
ご自分の目から見てスラングを用いた会話ができる相手でしたら、spotを用いてラフな表現にする英訳例もあります。
「Could you spot me some money?」

いくら借りたいのか具体的な金額を提示して、お金を貸して下さいという場合は、
「Could I borrow ○○yen?(〇〇円、お借りしてもよろしいですか?)」
「Could you lend me ○○yen?(〇〇円、貸していただけませんか?)」などの表現が考えられます。

「give me」を用いると返済しない意味になってしまいますので、人間関係にひびが入って余計なトラブルを招かないよう気をつけたいところです。

お金を貸して下さいというとき以外でも、これらの英訳例を覚えておけば応用がききます。
例えば、お金ではなくて物を借りたいときでも、
「Could I borrow 〇〇?」といった具合に、〇〇のところを替えればいろいろな場面で役に立つ表現です。
同様に貸してほしいという表現でも、
「Could you lend me ○○?」の〇〇部分を入れ替えて使ってください。

ちなみにインターネットで「翻訳」と検索すると一番上に表示される「Google 翻訳」を使用して、試しに「お金を貸して下さい」の英訳例を確認してみました。
画面左上の「日本語」をクリックし、その下の枠内に日本文を入力します。
すると、Googleの回答としては「Please lend me the money」とでてきました。
確かに、Pleaseを用いると礼儀正しい表現のように思えますね。

今度は反対に、「Google 翻訳」の左上を「英語」にして、上記に取り上げた
「Could you lend the money?」の表現ではいけないのか確認してみました。
すると「あなたはお金を貸してくれますか?」と出てきました。
「Could you」を使用しても、丁寧な表現には変わりないようです。

わからない表現は、ネットの翻訳機能を用いると英訳例がすぐ確認できるので、大変便利ですね。
海外旅行に出発するときなど、必要になったらすぐに表示できるよう、準備しておくと心強いのではないでしょうか。

▲上に戻る