誰か お金を貸してください お金の工面

誰かにお金を貸してという前に・・・

 

本当にお金に困っている人が誰かにお金を貸してほしいとお願いする事は決してだめというわけではありませんが
ちょっとお金に困ったからと言っていちいち友達などにお金を借りるのはあまり良くない事なんだと思われます。

大切な友達からお金を借りようとばかり試みていると、金銭絡みで相手を傷つけてしまったり、お金でしか見ていないと思われて互いの仲が不仲になってしまう可能性だってありますよね。

 

だからすぐにお金が無いからと誰かにお金を貸してとお願いするんじゃなく、出来るのであれば自己解決出来る事は自力でなんとかしたいというものだったりします。

 

もしも借り手本人がブラックなどじゃないのでしたら、消費者金融のカードローンや銀行カードローンでお金が借りれますので、キャッシング申し込みをしてお金を借りて下さい。

 

ブラックじゃなく働いて収入が安定されている人ならば審査に通らないという事はそんなには無いのではないでしょうか?

 

大手のアコムとかプロミスであれば自動契約機がありますので、借りたいと思ったその時にご利用する事が出来、友達に借りるよりももしかしたらスピーディーにお金が借りられる事だと思います。

 

周りの友達に決して迷惑をかけず、尚も自分のお金の入用もキャッシングで解決。

 

誰かに度々お金を貸してという前に、消費者金融からキャッシングする方がお金絡みで人間関係も壊れませんし、スピード融資も受けられて一石二鳥なんだと思います。

 

 

▲上に戻る

 

ブラックでも誰かお金を貸して

ブラックの人でもお金を借りたいと思っている場合、大抵どこのカードローン審査にも通らなくて残念がっている人が多い事だと思われます。

  • 銀行カードローンNG
  • 消費者金融カードローンNG
  • 信販系カードローンNG

ブラックという身分ではキャッシング審査にろくに通れるものではありませんし融資も否決ばかりされてしまう事となりますでしょう。

 

思わずブラックである自分にイラッとしてしまう事かもしれませんが、どんなにイライラしてもブラックである以上金融ブラックという現実は指定された期間消えませんし又変わる事もありません。

 

ブラックでは結局お金が借りれないんだと諦めてしまうしか方法がないといったものだったりします。

 

しかし絶対に諦めないと思っている人なのでしたら、ろくにお金が借りられる状況では無い人であっても、誰かお金を貸してという事になるんだと思われます。

 

しかしかと言ってそれで人間関係を壊したり、誰かに迷惑をかける行為はあまり好き好んでするべき事だと言えませんよね。

 

ブラックの人が友達や周囲の人間関係を壊さずに、尚かつブラックでもお金を借りれる方法があるんだとすれば・・・?

 

ブラックOKと言われている街金は街金であっても優良街金でのキャッシングならば一番ローリスクでお金が借りられる事となるでしょう。

 

特に審査が大手の審査基準ではない、独自審査基準の街金からお金を借りる事が出来れば債務整理、ブラック、多重債務などで普通にお金が借りれないような人であっても、大手消費者金融や銀行の何処よりも融資が受けやすいという事になるんだと思います。

 

ブラックの人が消費者金融から申し込み拒否されたり銀行からも拒否されて友達や知人なんかに何回もしつこく電話したりしてもだめだったとして、行き場を失ったブラックの人達が最後の最後で利用出来る頼みのキャッシングこそが街金でのキャッシングという事になっているのではないでしょうか。

 

これなら周りの誰にも迷惑をかけないで、ブラックでも自分の力でお金が借りられるという事となりますからね。

 

 

▲上に戻る

 

フリーターだけど誰かお金貸して

フリーターと言えば無収入の人、つまり無職でろくに働きもせずに日中から遊んでいるようなイメージが強い事でしょう。

 

全然働いてもないのに自分の親などに平気でお金貸してという親不孝な息子がいたりもしますからね。

もしもフリーターとなっている場合でしたら、お金が欲しいからってお金の入用時に消費者金融のキャッシングなど申し込みしても審査には絶対に通らない事だと思います。

 

というか、友達でさえお金を貸してくれる人っていないんじゃないでしょうか?

 

もし自分が友達の立場から考えてこのようなフリーターの人に一言言うのであれば、迷わず「働けよ」って云う事だと思います。

 

よくよく冷静に考えてみたら、楽してお金を借りようとしているフリーターの人に対して何の意味があって善意でお金を貸してあげるのでしょうか?

 

逆にフリーターでもお金が借りられる方が世の中間違っているというものだったりしますから、今の現実では無職がお金を借りる事はほとんど不可能と言っても良いんだと思いますよ。

 

審査基準の甘い消費者金融、いわゆる大手以外の街金でもフリーターにお金を貸す事はありませんから、バイトでも何でも手に職をつけない限り、専業主婦などの場合を除いて結果お金が借りられない事となります。

 

それでもまだまだフリーターの身でありながらでもお金を借りようとかズル賢く考えていたら、今にそのうちバチが当ってしまい闇金業者やタチの悪い業者から個人間融資を取り交し、怖い思いをする事になってしまうかもしれませんよ?

 

フリーターでお金を借りたい人が大手消費者金融、中小消費者金融だけでなく、友達にまで何度もお願いをしているような場合友達からの審査基準からも外されてしまい、友達間の信用性を無くし『人』として審査に落ちてしまう事となるでしょう。

 

そんな底辺な人間にお金を貸してくれる業者なんてこの世には存在致しません。

 

それこそ底辺には底辺にふさわしい、闇金業者からお金を借りるしか方法が無くなる事なんだと思います。

 

『類は友を呼ぶ』
正にこの事ですね・・・。

 

 

▲上に戻る

 

多重債務者だけど誰かお金貸して

多重債務と言えば、大手金融機関と中小消費者金融など混合して借入をされているような人、もう借入件数が度を過ぎていて返済するだけで精一杯、又は他社から借りてまで返さなければ

 

借金の返済が出来ない、借りては返し借りては返しを繰り返す正に蟻地獄にはまっているような状態。

 

多重債務という立場になるだけでブラックじゃないのにお金が借りられない、審査も通らなければ融資も不可、消費者金融のフリーローンなどでのキャッシング利用も徹底的に不可能という事となってしまいます。

 

ブラックじゃないのに何故?

 

大手の消費者金融では例えブラックじゃない人でも貸せない人がいるんですよね。

 

他社から2〜3件以上の借入が信用情報に記録されているような人となります。

 

いわゆる多重債務者となるのですが、返済能力の有無問わず原則として多重債務者ではお金が借りられない、フリーローンでは選べないという事となります。

 

普通にキャッシング出来ないなら、多重債務者はブラック同様何処からもお金が借りれないから泣き倒れするしか無いってものなのでしょうか?

 

結論を言えば『債務整理』『ブラックにならない債務整理』の二つが選べる事になります。

 

その違いって・・・?

 

債務整理でしたら弁護士や司法書士に誰でも気軽にご相談して借金を払いやすいように又はチャラにしてもらえるように出来る方法を取る事が出来ます。

 

要は多重債務者の負担を今以上に軽くする方法という事となりますが、最悪のデメリットと最高のメリットの両方を兼ね備えている自己破産という方法も選ぶ事が出来るでしょう。

 

但し債務整理後は信用情報に即ブラックが反映されてしまうため、すぐにお金が借りられる状態ではなくなる事となります。

 

これでは債務整理が怖い!!

 

そう思ってしまう人もいる事だと思いますが、これをもっと軽くした方法として『ブラックにならない債務整理』があるわけなのですが、法的な債務整理とは違ってただ単に自分の借金つまり債務を整理する方法、『おまとめローン』という方法となります。

 

おまとめローンは金融商品となっているので金融機関でおまとめローンをご利用すれば、借金の一本化で多重債務者から誰でも脱出出来るという事となります。

 

大手金融機関でおまとめが出来ないような場合であっても、中小企業の金融会社からおまとめローンを利用すれば審査にも一段と通りやすく、又借金一本化によって今後の返済計画が大いに改善されて、完済までの目処がつく事になると思います。

 

そして何と言ってもブラックにもなりません。

 

多重債務者が基本的に誰かにお金を借りるというよりも、この二つの債務整理のどちらかでうまく債務を整理する事を検討出来れば、多重債務者にとって一日でも早く借金の悩みから楽になれる事だと思います。

 

 

▲上に戻る

 

闇金でもいいから誰かお金貸して

バイトをしている社会人がお金か足りないと思って、消費者金融プロミスなどにキャッシング申し込みしたけれど審査に落ちてしまった。

 

誰でもいいからお金を貸して欲しい

 

そんな時に街中のブラックOKの看板に目を奪われて、そそくさと中に入ってしまったらしいんです・・・。

 

案の定
そこは闇金だったようですが
審査も激甘だしすぐにお金が借りられるからと
下手に消費者金融に申し込んで審査に落ちて融資否決されるよりも
全然良いと思って利用してしまったそうなんですよね。

 

この方バイトをしているのに何故に消費者金融プロミスの審査に落ちてしまったのでしょう
その理由は後々知った事なのですがブラックが原因だったそうでした。

 

結果的にブラックの人が大手でお金が借りれずに街金業者を知らなかったが故に
ブラックOKの闇金を利用してしまったという経路。

もしブラックOKの街金を知っていたのであれば
闇金被害に遭う事も無かったと思われるのですが
結局闇金でもいいからとお金を借りてしまったみたいなんです。

 

余程お金に困っていた事なのでしょうね。

 

しかしこの方
闇金からその後は酷い仕打ちを受けるかのように
散々な目に遭っておられました。

 

鳴り止まない電話は勿論
ネットの闇金で借りたとかじゃなく現場の闇金で借りていた為
居場所まで特定されてしまい
24時間借金返済日の際は追い掛け回されたのだとか・・・。

 

あまりに闇金による借金が多くなったからって
債務整理による自己破産するしか方法がないという位でしたからね。

 

結果的に闇金の請求はこの方が自己破産して止まったとの事でしたが
以後はこの方失踪してしまったんですよね・・・。

 

何かと相手の闇金業者側から恨みを買ってしまったのでしょうか・・・。

 

いくらお金が借りれないからって
又いくらお金が借りたいからって

 

誰でもいいからお金貸してと匙を投げてしまうと
こんな悲劇がいつ襲い掛かってくるかはわかったものではありませんよね。

 

お金を借りる事ばかりに無我夢中になっていると
お金の借りやすい闇金の誘惑によってこの方のように足元をすくわれてしまう事になるでしょう。

 

ブラックOKの街金ならOK
ブラックOKの闇金ならNG

 

何処からも借りれない
誰も貸してくれないからって闇金で束の間救われたとしても
後に続くのは片道切符の地獄行きです。

 

▲上に戻る